平和祈念式典

6月にネムール丸亀創業者の母が亡くなり、昨日「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」へ参列してきました。母は4歳の時に被爆し、脱毛症になったそうです。私は49年間の人生で初めてこの式典に参列いたしましたが、改めて核兵器の恐ろしさを感じました。景気が悪いとか、お金がない、仕事がつまらないと愚痴を言えるのは世の中が平和だからですよね?この原爆で死の街と化したご経験をされた方々に較べると幸せな悩みだなぁ~と感じました。この式典の開催にあたり、暑い中飲み物や冷たいおしぼりを配布したり、会場整理をしていた長崎市の職員の皆様のご尽力に感謝いたします。これからもこの平和な日本が続くことを切に願っています。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。